【知らないと危険?】雪道での走り方

スポンサーリンク

この記事では車での雪道の走り方について紹介します。

初めて冬を迎える人はとても雪道は怖いと感じているんではないでしょうか?

また冬は何回も超えているけどスキー場に行くために
初めて車でスキー場に行く人もいるんではないでしょうか?

私自身も雪国出身で何度も冬を超えていますが雪が降ると怖いです。
ですが怖い中でも事故をしないように運転を行わなければいけません。

ですので今回の記事では雪道の走り方について紹介します。

スポンサーリンク

雪があるとどうなるか

雪があるともちろん通常通りの走りはできません。
雪があることにより

・通常の道路より制動距離が伸びる
・スリップを起こす危険性がある

などがあります。

ですので雪道の走り方を行わなければいけません。
雪道の走り方を知っているのと知らないのでは事故を起こす可能性がもの凄く変わります。

また今回はスタッドレスタイヤを履いた状態で話します。

雪が多い地域でノーマルタイヤですととても危険ですので
雪道の走り方をしてもスリップしてしまいます。

ですので雪の多い地域に行く人は必ずスタッドレスタイヤで行くようにしてください。
では雪道の走り方を紹介します。

スポンサーリンク

雪道での走り方

ではここからは雪道での走り方を紹介します。

実際に雪道の走り方をしていても事故を起こしてしまう場合があります。
雪道はそのくらい危険な状態です。

ですが覚えることによって事故を起こす可能性をかなり減らすことが出来ます。
ですのでこの機に覚えて気を付けるようにしてください。

急の付く動作は避ける

普段から急の付く動作は危険でありますが雪道ではもっと危険になります。

雪道では通常よりタイヤのグリップ力がない状態です。
そのような状態で急ハンドルをしてしまうと車がスピンしてしまいます。

また急ブレーキをすることでスリップの原因にもなりますし、
急発進することでタイヤが空回りしていハンドル操作が効かなくなってしまいます。

ですので急の付く動作はやらないでください。

下り坂ではエンジンブレーキを使用する

普段の運転でエンジンブレーキを使う人は多くないと思います。
しかし雪道での下りはフットブレーキだけだとスピードが出すぎてしまう可能性が高くなります。

またスリップした人は分かると思いますがスピードが
出た状態でフットブレーキを使うのは怖いですよね。

雪道ですと軽く踏んでいるつもりでもABSが作動してしまう可能性があります。
ですのであらかじめエンジンブレーキを使用してスピードを一定の状態にします。

エンジンブレーキを使用することによりスピードが出すぎませんし、
少し早くなってしまったらフットブレーキを利用してまた一定のスピードにすることが出来ます。

ですので下り坂になったらあらかじめエンジンブレーキを使用してください。

また注意点としてスピードが上がっている状態で
エンジンブレーキを使用してしまうとABSが作動してしまう場合があります。

ですのでスピードが出てからでは遅いですので下り坂に入ったら使用するようにしましょう。

ワダチに沿って運転する

雪が多い地域ではワダチに沿って走ることが重要になっていきます。
特にスキーなどで雪山に行く人はこれを知らないととても危険です。

ワダチとは車が走った後にできる道のことです。
雪がかなりあっても車が通ることにより道ができますよね。

新雪の状態ですとハンドルが取られ運転がしずらいです。

しかしワダチに沿って走ることにより前の人が作った
道を走れるのでハンドルが取られる危険性が減ります。

ですのでワダチに沿って走るようにしましょう。
またワダチは多くの人に踏まれているので凍結してる場合があります。

ですのでスピードを落として安全な速度で走るようにしてください。

車間距離を多めに取る

雪道においては制動距離が伸びるので車間距離はとても大切になります。

車間距離を取ることで自分が運転しやすいだけではなく万が一
前の車が事故を起こしても巻き込まれないようにすることができます。

ですので雪道では普段の通常の道路の時よりも2倍近く車間距離を取るのがおすすめです。

スポンサーリンク

細い坂道では上りが優先

細い坂道で走行している時に対向車とすれ違うのにどちらかが
譲らなければいけない時はありますよね。

その場合は下り坂の人が上り坂の人に譲るようにしてください。
下りの人は止まっても発進するときにそれほどパワーがいりません。

ですが上りの人が坂道で止まってしまったら
パワーが足りなく動けなくなってしまう可能性があります。

これは雪道以外でもそうなのですが知らない人が多いですので覚えてください。

スポンサーリンク

実際に雪道を運転してみて

実際に私自身は雪国出身で幼い頃から親の運転している姿を見てきました。
しかし長年住んでいても初めて雪道を運転した時はとても怖かったです。

ですが走り方を気を付けて集中して運転すれば
事故を起こす可能性がとても少なくなると実感しました。

特に急の付く動作と
下り坂でのエンジンブレーキの使用は事故を起こさないためにとても重要だと感じました。

また私は峠を越えるのに集中して運転していたのですが峠が終わったら危険な場所が
終わったと思い気を抜いたらその直後にスリップを起こしたことがあります。

ですので雪道の運転では集中力がとても大切になってくると感じたので
こまめな休憩をして気を抜かずに運転することも重要だと感じました。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は雪道での走り方について紹介しました。

何度も言っていますが雪道は気を付けていても事故を起こしてしまうくらい危険です。
そんな危険な道に知識がない状態で行くのはとても危険です。

ですのでこの記事をみてあなたは何度も繰り返し読み
しっかりと走り方を覚えて雪道の走行を行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました