【知らないと燃料費を無駄にする】燃費を良くする方法

スポンサーリンク

この記事では燃費をよくする方法について紹介します。

少し前から自動車業界では燃費が非常に重要視されていますよね。
重要視されすぎていて改ざんまでされてしまうくらい重要なものです。

燃費をみて今の車を購入した人も多いと思います。
燃費は車の性能もありますが少し気を遣うだけでよくなります。

しかし多くの人はそれを知らずに燃費を悪くしてしまっていることが多いです。

ですがこの記事を読むことにより燃費をよくする方法を知ることが出来ます。

スポンサーリンク

なぜ燃費を良くしなければいけないのか

燃費とは1ℓあたりのガソリンで走ることのできるキロ数です。
つまり燃費の良い車は1ℓのガソリンでたくさんの距離が走ることが可能なのです。

最近では一時ほどではありませんがガソリンの価格は高いですよね。
ガソリンは地域によって値段は違いますが特に高い地域は燃料費を抑えたいですよね。

そこで燃費をよくすることが必要なのです。
しかし燃費は環境や運転する人によって変わってしまいます。

それによってカタログに出ている燃費と実際に運転してみての燃費が違くなってしまいます。

スポンサーリンク

カタログの燃費と実燃費がなぜ変わってしまうのか

先程も言った通りカタログに出ている燃費で実際に走ることはほぼ不可能です。
それは走っている環境などもありますが運転手の技術などもあります。

冒頭でも言った通り自動車業界では今燃費が非常に重要視されています。
ということは数キロでも他のメーカーより優れていることも見せたいのです。

ですので燃費をよく走る技術を持っておりドライバーが運転しています。
なのでカタログに出ている燃費と実燃費が変わってしまうのです。

スポンサーリンク

燃費を良くする方法

ではここからは燃費を良くする方法を紹介していきます。

燃費を良くするのは意識すれば前よりも良くなると思います。
ですので今まで意識していなかった人は是非覚えてください。

丁寧な運転をする

これは知っている人も多いと思いますが燃費はアクセルの踏み加減で変わります。
車が一番ガソリンを使うのは発進時です。

その発進時に急なアクセルの踏み込みなどをしてしまうと燃費が悪くなってしまいます。
ですので発進時はゆっくりアクセルを踏み込み徐々に加速することを意識しましょう。

また急加速も燃費が悪くなる原因の一つです。
しかも急加速は事故の原因にもなりかねません。

ですので合流時は仕方ない時もありますが燃費と安全に運転することを考えれば
急加速は基本的に必要ないと思いますのでしないようにしましょう。

タイヤの空気圧を定期的にチェックする

タイヤは地面に接していますよね。
ですからタイヤの空気圧がないと地面との摩擦が増えガソリンを無駄に消費してしまいます。

タイヤの空気は自然に抜ける場合もあればひび割れで抜けてしまう場合もあります。
ですので1カ月に1度くらいのペースで点検しましょう。

また正常な空気圧で走ることによってタイヤ自体も長持ちしますので
定期的にチェックするべきだと思います。

無駄な荷物を乗せない

燃費は車に乗っている重量などでも変わってきます。
理由は発進時に重いとその分負荷がかかってしまうからです。

ですので余分な荷物などはできるだけ乗せないようにすることによって燃費も変わります。
なので余分な荷物等は車から降ろし、必要な荷物だけを乗せることで燃費が良くなります。

エンジンオイルを定期的に交換する

エンジンオイルは車を動かすために必要です。
そのエンジンオイルは走行距離や時間が経つことによってだんだん劣化します。

エンジンオイルが劣化することによりエンジンの回転が
通常よりもスムーズに動かなくなり燃費が悪くなってしまいます。

ですので定期的に交換するのが燃費を良くするのにも車のためにもいいと思います。
推奨では5000キロ走る又は6カ月毎に交換するのがいいと言われていますので参考にしてください。

スポンサーリンク

実際に意識して運転してみて

私自身は良く帰省のために2週間に一度群馬から新潟までの行き来をしていました。
その際に以前は急なアクセルなどを気にせず走っていたので新潟と群馬で給油していました。

ですが急なアクセル動作をしないで走ることを意識したら
新潟で給油したら群馬で給油しなくても行き来ができるようになりました。

また結構な距離を走っていたのでエンジンオイルとタイヤの空気圧を気にするように
なってからは1ℓ当たりの消費が1キロくらい変わりました。

たった1キロですが日々消費していると大きな違いになりますので意識するといいですね。

スポンサーリンク

最後に

今回は燃費を良くする方法について紹介しました。

実際にカタログで出ている燃費を再現するのは難しいです。
しかし自分が少しでも意識することによって近づけることはできます。

カタログの燃費がいい車を乗っているから雑に運転する人がいますが
それでは車のいいところを自ら潰してしまっています。

ですので日々丁寧な運転、定期的に車をメンテナンスすることを
意識して運転することを心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました