『車が曇ってしまった状態で走るのは危険!』曇った時の対処法と曇らないための予防法

スポンサーリンク

この記事では車が曇ってしまった時の対処法と曇る前に予防法について紹介します。

寒くなると車が曇ってしまうことや夏場でも
雨の日には曇ってしまって困っている人も多いのではないでしょうか?

また一人の時は全く曇らないけど大人数で乗った瞬間に
曇ってしまう経験もした人がいるんではないでしょうか?

ですが曇った時の対処法や覚えておけば簡単ですし曇る前に予防しておくのもかなり効果的です。

ですのでこの記事では曇った時の対処法と曇る前の予防法について紹介します。

スポンサーリンク

どういう時に曇りやすいか

車が曇ってしまうと視界の確保が出来ずとても危険な状態になりますよね。
ですのでどのような時に曇りやすいかを知っておく必要があります。

・寒くなってきたら曇りやすくなる
・夏場の雨などで湿度が高くなった場合
・大人数の人が乗車した場合

車が曇る時は主にこのような時だと思います。
冬場ですと暖房を使うので室内と外の温度差があり曇ってしまいます。

また夏場も普段はエアコンが付いている車が多いと思いますが雨が降っている日などで
窓を閉めた状態で運転していると曇る場合が多いです。

一人で乗っている時は曇っていなかったけど大人数乗車したら
湿度が上がり曇る場合もありますよね。

ただ曇ってしまっても対処法を知っていればすぐ解決できますので紹介します。

スポンサーリンク

曇ってしまった時の対処法

ではここからは対処法を紹介します。
繰り返し言っていますが対処法はものすごく簡単です。

知っていることで安全に運転できる環境を作れますので覚えましょう。

窓を開ける

窓を開けることによって空気が入れ替わりますよね。
外の空気を入れることによって温度や湿度などが外と似たような状態になり曇りがなくなります。

ですのでいきなり大人数で乗ったりする場合などは最初窓をを開けると曇らない場合が多いです。

特に雨の日などは湿気が高くなってしまうので
少しだけ窓を開けて運転を行うことで曇ることなく運転できると思います。

エアコンを利用する

自動車のエアコンには車内温度を調節するために除湿機能があります。
ですので夏場でなくても利用することで社内の湿度を下げることができます。

湿度を下げることによって曇りを除去できる効果があります。
ですので冬場でもエアコンを利用することで曇りを除去できますので使用しましょう。

デフロスターを利用する

デフロスターを利用することでフロントウィンドウから温風が出ます。
これで窓の内側を温めることによって窓が乾き曇りが取れます。

またこの時に先ほども書いた通りエアコンにすることによって早く
曇りを除去できますので曇ってどうしようもない時はセットで使用しましょう。

外気にする

冬場などでも曇りがなかなか取れない人は内気になっている人が多いです。
内気ですと外からの空気が入らないので密閉状態になり曇りが取れません。

しかし外気にすることにより外の空気が入り窓を開けた状態と似たような状態になります。
そうすることで湿度などが下がり窓の曇りを抑えることが出来ます。

ただ夏場の暑い時やトンネルなどの外の空気を入れたくない時は
内気にすることによって密閉できますのでしっかりと使い分けるようにしましょう。

スポンサーリンク

曇りをあらかじめ予防する方法

ここからは曇る前にあらかじめ予防する方法を紹介します。

基本的に曇りをあらかじめ予防できれば運転に支障が出ることはありません。
ですのであらかじめ予防するようにしましょう。

窓の内側を磨く

窓の内側を磨いておくことで曇り防止の効果を期待できます。
窓にはたばこのヤニや埃などがつき曇りやすくなります。

ですので窓の内側を磨くことによってヤニや埃などが取れ曇りにくくなります。
磨くときはマイクロファイバー雑巾やメラミンスポンジなどを使用して磨くようにしましょう。

曇り止めスプレーを利用する

曇り止めスプレーを窓に塗ることによって水滴ができにくい状況を作ることが出来ます。

窓を磨いてから塗ることによって埃などがついていない状態ですのでより効果を見込めます。
また曇り止めスプレーを塗ることにより埃やたばこのヤニが付きにくくなります。

使用することによって数週間は効果が持続しますので定期的に塗ることがおすすめです

スポンサーリンク

対処法と予防法を実際にやってみて

私自身以前から車が曇ってしまったら寒い時期などは窓を開けるようにしていました。

しかしエアコンを利用することで曇りを除去できることを知ってからは
以前よりも早く除去できることが分かり曇りで悩むことがなくなりました。

またあらかじめ窓の内側を磨いて曇り止めスプレーを使用することによって、
曇る日が少なくなり安全に運転できると感じています。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は車が曇った時の対処法と曇らないための予防法を紹介しました。

車が曇ってしまうことはよくあることだと思います。
しかし対処法を知らなければ重大な事故を起こしてしまう可能性もあります。

ですので今回紹介した対処法を覚えて安全運転できるようにしましょう。

また事前に予防するのは安全運転をするためにも非常にいいことです。
ですので予防できる人は安全に運転するためにも行うようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました