【甘く見てると危険!?】大型連休の長距離ドライブに必須な心構えと眠くなった時の対処法

スポンサーリンク

この記事では大型連休などの長距離ドライブで大事になる
心構えや眠くなってしまった時の対処法を紹介します。

今ゴールデンウィークの真っ最中でありこれから遠出の旅行に
行かれる方や帰省する方もいるのではないでしょうか?

ただ免許を取って遠出したことない人や慣れていない人にとっては
長距離ドライブするのは怖いしどういう風に準備すればいいのかわからないですよね?

ですので今回は大型連休の長距離ドライブの際の
心構えや眠くなってしまった時の対処法を紹介します。

スポンサーリンク

大型連休の長距離ドライブの心構え

大型連休の長距離ドライブで心構えをしといた方がいいことを紹介します。

また大型連休は普段の長距離ドライブとは違くものすごく混んでいる場合もあります。
ですので普段通りにすると危険ですので気を付けてください

ナビが最初に記したした時間に着かない

これは普段から長距離運転している人もですが、正月などみんなが休みで出かける時期は
渋滞によって最初にナビが記した時間に着かないことが多いです。

またこれは分かっている人も多いと思いますが実際に渋滞にはまってしまうと
イライラしてしまう人が多いです。

行く時間を決めていて渋滞にはまって間に合わないとなると焦ってしまって危険な行動をして
事故を起こしてしまう人もいますのでかなりの時間を余裕持って出発するのがおすすめです。

必ずガソリンを満タンにして出発する

ガソリンは必ず満タンにして出発するようにしましょう。
大型連休でもない場合でも自己渋滞などで動けなくなってしまう可能性があります。

その時にガソリンがないとただでさえ渋滞でストレスが溜まるのに
ガソリンが無くなってしまうかもしれないという焦りも生まれてしまいます。

また夏場や冬場はエアコンがないとかなり厳しいです。
エアコンを利用するのもガソリンを使いますので必ず出発前にガソリンを入れましょう。

またガソリンが半分くらいになった時に目的地がまだまだ先の場合は
ガソリンスタンドがあるサービスエリアを見つけたら
次のサービスエリアまでに何が起こるか分からないので入れるようにしましょう。

高速道路に乗っている時は余裕をもってトイレに行く

大型連休の高速道路はいつ渋滞にはまるかわかりません。
スムーズに進んでいても突然事故が起こり渋滞が起こるかもしれません。

渋滞が起こってしまうとどのパーキングエリアやサービスエリアに
入りたくても入れなくなってしまう可能性もあるます。

ですので休憩した際にはこまめにトイレで用を足しておくのがおすすめです。

睡眠時間を多くとり、こまめに休憩する

大型連休以外でもそうですが長距離ドライブはどうしても眠くなってしまいます。
ですので出発する前はできる限り睡眠をとっておくのがおすすめです。

また睡眠をたくさんとっても眠くなってしまうことがありますし、渋滞にハマったりしてしまうと
ものすごくストレスが溜まってしまいますのでこまめに休憩をするのがおすすめです。

スポンサーリンク

眠くなってしまった時の対処法

あらかじめたくさん睡眠をとっていても長距離ドライブをしていると
どうしても眠くなってしまう時があります。

その時に行うと良いおすすめの対処法を紹介します。

休憩を取り体操をする

眠くなってしまった時は休憩できる場所があれば休憩を取りましょう。
その時に外に出た際に体操をするようにしましょう。

外の新鮮な空気を吸うことで気分転換にもなりますし運転していると
どうしても集中している状態なので体が固まってしまっています。

ですので体をほぐす意味でも背中を伸ばしたり屈伸などで足にも刺激を与えましょう。
こうすることで眠気も飛びますしずっと同じ体制でいるよりも体にはいいです。

カフェインを取り、ガムを噛む

実際運転している時にカフェインを取る人は多いと思いますがものすごく重要です。
ただ飲みすぎるとトイレが近くなり、渋滞にはまっている時などは気を付けてください。

またガムを噛んでいると眠くなりにくいのでとてもおすすめです。
ですので自家用車の人はボトルのガムを常時車に用意してもいいかもしれませんね。

テンションの音楽を聴く

眠たい時に話せる人がいたらその人と話すことで眠気覚ましになりますが、
一人の時や周りが寝ている時はどうしても眠くなってしまうと思います。

そういう時は必ず音楽を聴くようにしましょう。

音楽を聴くことによって無音の状態はなくなりますし、
歌ったりすると脳が活性化されて眠気が飛びますので余裕ある方は歌ってみてください。

スポンサーリンク

実際に長距離ドライブをしてみて

私自身初めてお正月に帰るときは渋滞にはまって
普段3時間で実家に帰れるのに5時間もかかって帰りました。

その時に普段は全く混んでいなくすぐに入れるパーキングエリアも
混んでいては入れないこともありました。

ですので行けるときにトイレを済ますのはとても重要だと感じました。

また大型連休だけではなく雪の降る地域にスキーなどで行く人は除雪で渋滞が起きてしまうことも
ありますので冬場は大型連休同様にこまめにトイレ休憩を入れた方がいいと感じました。

眠い時には外の空気を吸って体操するのが非常に効果的だと感じたのでぜひやってみてください。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は大型連休の長距離ドライブで大事になる心構えと
眠くなってしまった時の対処法を紹介しました。

実際にこれから友達と旅行で運転する人や家族旅行に行く人も多いと思います。
しかし事故にあっては楽しい旅行も楽しくなくなってしまうと思います。

ですのでこの記事でお伝えしたことを気を付けて
安全に旅行や帰省などの長距離ドライブを行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました